18年1月9日 その3791『逢坂誠二の徒然日記』(5488)

掲載日:2018.01.09

松の内も終わり、
正月の地元モードから
徐々に国会モードに入る。

今朝は街頭立つ予定だったが、
雨に加えて風のため、
街宣は中止となった。

何とも残念。


1)予算委員会

今度の通常国会の予算委員会だが、
どんな雰囲気になるのか、
今のところ全く先が見通せない。

入口の最大の問題は、質疑時間だ。

野党の質疑時間の大幅削除を
与党は画策しているようだが、
そんなことは絶対に認められないことだ。

====

防衛費、教育、社会保障、経済、
原発、モリカケスパ、リニア、
憲法など論点は多い。

こうした論点を十分に議論できるなら、
実に有り難いことだが、
限られた時間の中で効率よく
やり取りをしなければならない。

それは簡単なことではない。

国会召集まで10日余りしかない。

地元モードから、国会論戦モードに
頭を切り替えねばならない。


今日の夕方には国会入りし、
原発ゼロ法案の打ち合わせ、
予算員会の打ち合わせなどが行われる。

さあ今日もブレずに曲げずに、       
確実に前進します。
=======

     2018.1.9=======



One Response to 18年1月9日 その3791『逢坂誠二の徒然日記』(5488)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください