18年1月18日 その3800『逢坂誠二 の徒然日記』(5497)

掲載日:2018.01.18

昨日朝の便で帰函し、函館での会合に出席。

さらにNPO関係者と打ち合わせを行い、 再上京した。

夜は、都内で三つの会合に出席する予定だったが、
夕方の東京は激しい雨もあって渋滞。

結局は移動に時間がかかり、
予定の会合には、一つしか出席できなかった。

何とも残念。


1)高齢者社会対策大綱

中長期的な高齢者施策の指針となる
政府の「高齢社会対策大綱」案が判明した。

====


公的年金の受給開始時期は
70歳超も選択可能とする制度の検討


60~64歳の就業率を
2020年に67%まで引き上げる
(2016年は63.6%)


健康寿命を男性は20年に1歳以上、
女性は25年に2歳以上延ばす
(2013年:男性71.19歳、女性74.21歳)


社会福祉活動を行う高齢者の割合を20年に80%
(2016年:男性62.4%、女性55.0%)


福祉タクシーの導入数20年度に2万8千台
(2016年:1万5128台)


介護ロボットの市場規模は20年に約500億円
(2015年は24.7億円)

====

以上のような内容だ。

国家全体としての数値目標も大事だ。

一方、それぞれの地域で高齢化にどう立ち向かうか、
その具体策の検討が極めて大切なことだ。

大綱は、月内にも閣議決定する方針。

年金受給の開始年齢に関する改正は、
20年中の法整備を目指すという。

高齢者会への対策は待ったなしだ。





今日の都内の予想最高気温は15度。

北海道の春だ。

どんな一日になるのか。

さあ今日もブレずに曲げずに、         
確実に前進します。
==== ===
     2018.1.18
=======



One Response to 18年1月18日 その3800『逢坂誠二 の徒然日記』(5497)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください