18年1月20日 その3802『逢坂誠二 の徒然日記』(5499)

掲載日:2018.01.20

今日の函館の日の出は6時59分。

冬至の頃の日の出は7時2分頃。

日の出が6時台になっただけだが、
春が近づいた、そんな印象がある。

もちろんまだまだ真冬だが。

====

昨夜、最終便で帰函し、会合などに出席した。

今日も終日、予定がぎっしりだ。

夜は、逢坂誠二塾を開催する。


1)Wさん

私が函館で
お世話になるきっかけ作りをしてくれた
Wさんが急逝した。

2007年秋、
Wさんをはじめ幾人かの方が、
私の札幌事務所に来訪され、
私が函館に来ることになった。

それ以来、Wさんには、
言葉にならないほど大変お世話になった。

一緒に酒も飲んだし、議論もした。

将来のことや、今のこと、
色々な話もさせて頂いた。

何か気づいたことがあると、
すぐに連絡が来た。

話には迫力があり、
常にものを見抜く力があった。

そのWさんが急逝した。

何とも残念でならない。

もっともっとご指導頂きたかったが、
もうそれは叶わない。

心からのご冥福をお祈りしている。

合掌。


2)茶話会

明日、今月の茶話会を開催する。

定員まであと2名余裕がある。

茶話会の申し込みを「こくちーず」開始した。

申し込みは以下で。

http://www.kokuchpro.com/event/84520c0e90d68a0bcd48a397b758a4ea/



また来月の逢坂誠二塾の日程が決まった。

2月24日(土)に函館市内で開催する。


さあ今日もブレずに曲げずに、         
確実に前進します。
==== ===
     2018.1.20
=======



One Response to 18年1月20日 その3802『逢坂誠二 の徒然日記』(5499)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください