18年1月24日 その3806『逢坂誠二 の徒然日記』(5503)

掲載日:2018.01.24

与党が国会冒頭からとんでもない対応をしている。

衆院予算委員会の理事懇談会を、
与野党の合意がないままに
委員長が独断で、本日開催するというのだ。

与党筆頭理事との間で、
質疑時間をどうするかのやり取りが
始まったばかりだ。

その話し合い継続を一方的に中断させる
とんでもないことだ。

この問題への対応のため、
昨夜も関係者とやり取りをしたが、
遅くなってから急に睡魔に襲われた。

一昨夜は、テレビ出演と雪のため、
帰宅が大幅に遅かった。

そのため睡眠時間がごく僅かだった。

そんなことを忘れさせるほど、
与党の対応に怒りがこみ上げている。


1)質疑時間の削減

自民党から与党の質問時間の削減が、
正式に提案された。

予算委員会理事懇談会の突然の開催決定といい、
とんでもない提案だが、
なぜこんなことを提案するのか、
その意味が全く不明だ。

====

国会は、立法するところであると同時に、
政府の活動について問いただし、
精査することが大きな役割だ。

一方、議員内閣制のもとで与党は、
政府と一体となって法案や予算案を作成する。

与党を無視し政府だけで対応する案件は皆無だろう。

予算案や法案以外のことも、
政府と与党が一体となって対応する案件がほぼ全てだろう。

政府が与党を関わらせずに行う案件は皆無に等しい。


国会は、政府の活動を問いただし精査するのが役割だが、
議員内閣制のもとでは、
国会での与党と野党の役割は、根本的に違わざるをえない。

国会での政府の精査機能は、
まさに野党が中心にならざるを得ない。

====

だからこそ、これまでも野党に
質問時間を重点的に配分している。

諸外国の議会も野党に配慮した運営をしている。

イギリスは、決算と倫理、
この二つの委員会の委員長は野党だ。

年に20日間は、野党が発議する議案の質疑に充てる。

野党第一党の党首は、首相の質問時間において、
通常1つまでとされる質問を6つまで許される。

ドイツでも予算委員会の委員長は野党だ。

その他にも、野党への配慮規定は多い。

====

政府と一体化している与党では、
政府の活動を真に検証することはできない。

国会では、だから野党に
十分な質問時間があることが重要なのだ。

それにも関わらず、
与野党の質問時間を議員数で配分するとか、
均等にするなどと主張するのは、
議会のことを全く理解しない暴挙だし、
議会機能を大きく低下させることになる。

政府と与党に信頼関係があれば、
与党質問は少ないのが通例だろう。

与党の質問時間増やせと主張するのは、
政府と与党の信頼関係が揺らいでいる
そんな皮肉も言いたくなる。

196常会は、冒頭から波乱含みの展開だ。


さあ今日もブレずに曲げずに、             
確実に前進します。
==== ===
     2018.1.24
=======



2 Responses to 18年1月24日 その3806『逢坂誠二 の徒然日記』(5503)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください