18年1月26日 その3808『逢坂誠二 の徒然日記』(5505)

掲載日:2018.01.26

都内の夜明け前、今日も氷点下4度だ。

寒いことは寒いが、
風もなく、心地良さを感ずる。

北海道の寒さとはやはり違っている。


1)質疑時間

昨日は、朝から夜まで、
予算委員会の質疑時間を巡って、
与党交渉に明け暮れた。

当初、自民党は、
これまでの「与党2、野党8」の割合を見直し、
「5対5」を提案した。

2対8は、自民党が野党時代に強く主張し、
当時の民主党が渋々承認したものだ。

なぜ5対5と主張するのか、
その理由を与党に問い質したが、
明確な回答はない。

結局は、テレビに多く映りたい、
それが真意だとのこと。

政府の活動や審議案件を、
確実に検証、精査できることが肝だ。

国会審議の目的は
テレビに出ることではない。

5対5は当然、受け入れるわけにはいかない。

24日夜の段階で、
自民党から「36対64」提案。

これ以上はただの1分も譲歩できないという。

しかし全く譲歩できないというならば、
交渉にはならない。

これでは単なる一方的な通告だ。、

一昨夜から昨朝にかけて、
1分でも変更する余地はないのかと問いかけたが、
全く交渉できないという。

膠着状態となる。

そこで他の野党の皆さんと、
河村建夫予算委員長に直談判を行った。

その結果、35対65ならばとなったが、
2対8の継続を主張する我々にとって、
到底、飲み込みめるものではない。


その後も押したり引いたり、
さまざまなやり方で変更を迫った。

昨夕、審議12時間の全体配分が、
与党3対野党7との提案があった。

2対8とは隔たりがある。

だが災害対策も含む補正予算審議を
迅速に行うことの重要性も念頭に置きつつ、
苦渋の判断だったが、
この提案を受け入れることになった。

野党に配慮した国家審議の意味合いは、
先日も一部記した通りだ。

そうしたことに与党が配慮できなければ、
国会機能は崩壊してしまう。

今後もこの質疑時間問題は
尾を引く可能性がある。

====

こうした交渉に没頭した結果、
昨日は帰函できないことになった。

今日は本会議、予算委員会後、
最終便で帰函する予定だ。

今日は何としても帰函せねば。

さあ今日もブレずに曲げずに、             
確実に前進します。
==== ===
     2018.1.26
=======



3 Responses to 18年1月26日 その3808『逢坂誠二 の徒然日記』(5505)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください