18年2月1日 その3814『逢坂誠二の徒然日記』(5511)

掲載日:2018.02.01

2月だ。

昨夜、帰宅時、皆既月食を見た。

10円玉を焦がしたような月。

首が痛くなるほど見上げる
天頂に上がっていた。

次回、全国で見られる皆既月食は、
2022年11月だという。

====

昨日も朝から晩まで、
予算委員会の開催に向け
様々な交渉や打ち合わせに没頭した。

しかし与党の態度は強硬だ。

与野党の合意なしに
理事懇談会の開催を強硬的に決めたり、
質疑時間もこれまでの慣例から
野党の持分を大幅に減らすことを譲らない。

慣例を変えるならそれなりの理由が必要だが、
その理由は曖昧だ。

しかも与党質問は緊張のかけらもない。

昨日の参院予算委では、
次のような発言が自民党議員からあった。

「平昌オリンピックの開会式に総理が参加されるということです。本当は行きたくないんだろうなということは何となく感じます。インフルエンザも流行っていますから、罹患するという手もあります」


思わず耳を疑った。

居酒屋で酒呑み話をしているのではない。

丁々発止の真剣な議論を行なっている。

もちろんウイットなど様々な話法があって良いが、
本当は行きたくないオリンピックを欠席する理由として
インフルエンザ罹患を提案するとは。

完全に緩みきっており、 タチが悪すぎる。

過日の質疑時間終了前に質疑を終えようとしたこと、
今回のズル休みを奨励することなど、
与党の質問時間を増やせば、
今後、こんな場面がもっと増えるのだろうと思う。

質問することがないことを実感する。

====

今日も予算委員会理事懇談会の開催が、
強硬的に決められた。

今日は、昨日以上に
相当に揉めることが予想される。

帰宅は深夜になるかもしれない。


さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==== ===      2018.2.1=======



One Response to 18年2月1日 その3814『逢坂誠二の徒然日記』(5511)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください