18年2月6日 その3819『逢坂誠二の徒然日記』(5516)

掲載日:2018.02.06

昨日も、朝から晩まで
予算委員会対応に明け暮れた。

今日も同様の1日となる。

====

都内朝の気温は、今日も氷点下1程度。

もちろん北海道に比べると、
日中の気温はプラスになるし、
連日の青空の広がる天候で、
さほどの厳しさは感じない。

爽やかとまではいかないが、
東京の冬はスッキリとした日が多い。


1)理事の仕事

予算委員会の野党筆頭理事になり、
何かと慌ただしい。

====

筆頭理事は次のような役割を担っている。

議論テーマ、
質疑時間と配分、さらに日程、
総理、全閣僚出席の有無、
質疑に使う資料の確認、
参考人、証人の招致、
委員会室内のトラブル対応、
野党各党間の調整。

さらに我が党内の質疑者と時間配分。

====

大雑把にこんな役割だが、
委員会運営に関する諸々のことを担う。

委員会が終日行われているため、
これらの打ち合わせは、
委員会での質疑中に行う必要がある。

質疑者の質問、答弁者の発言に
何かおかしなことがあれば、
その時点ですかさず委員長に
注意を促すのも筆頭理事に役割だ。

議員数が多ければ、
自党内に複数の理事がいるため、
これらの役割を分担できるが、
今、我が党の理事は、私一人のみ。

これらのことがらを調整しつつ、
質疑も聞いていなければならない。

====

また委員会開始前の朝、
昼休み、そして委員会終了後、
この時間帯は、
理事会と呼ばれる役員会が開催される。

与党筆頭と私が協議した内容などを
正式に確認し決定する。

もちろんこの理事会は、
いつも円満にものが決まるわけではない。

内容が固まらず、延々と議論が続くことも多い。

====

委員会中に、
委員長席に立ち上がって話ができるのは、
私をはじめとする理事だけだ。

与党筆頭理事と協議し、
野党の調整を行い、
質疑にも耳を傾け、
委員長の采配も気にしている。

筆頭理事は、
こんな雰囲気の中で過ごしている。

テレビ中継はないが、
今日も終日、予算委員会の質疑が行われる。


今日もブレずに曲げずに
確実 に前進だ。
==== ===
2018.2.6
=======



2 Responses to 18年2月6日 その3819『逢坂誠二の徒然日記』(5516)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください