18年2月9日 その3822『逢坂誠二の徒然日記』(5519)

掲載日:2018.02.09

都内、夜明け前の気温は氷点下2度。

今日も寒い朝だが、空に雲は少ない。

今日から平昌で冬季オリンピックが開催される。

1972年の札幌オリンピックを思い出す。

あのオリンピックを契機として、
地下鉄、高速道路、スノトレなどの防寒用品など、
北海道のさまざまものが大きく変化した。

そして日の丸飛行隊の活躍など、
今も鮮明に覚えている。

平昌でも、日本選手の大活躍を期待したい。

====

一方、平和の祭典オリンピックが、
政治に利用され、
政治の主戦場となってしまった。

開会式にどの政治家が出席するのか、
着席の序列はどうなるか、
誰と何を会談するのか等、
競技以外の実に生々しい重要事項が横たわっている。

またテロ等、不測の事態への対応も必須だ。

オリンピックのあり方を、
根本から見なおすべき時期に来ている。

====

起床してから就寝するまで、
食事と入浴の時間を除き、
全ての時間が予算委員会対応に忙殺されている。

政調の会議や来客など、
通常行うべき案件に
全く対応できない状態が続いている。

しかも野党第1党の理事は私一人だけだ。

そのため代理を立てることも叶わず、
委員会室を長時間離れることができない。

一人理事の不自由さを痛感するが、
国民の皆さんのため与えられた使命を全うするため
全力を尽くして参りたい。

====

国会議論の内容が、核やミサイル、
あるいは特定国を名指しした批判など、
戦争前夜とまでは言わないが、
実に不穏な雰囲気の議論が散見される。

安倍政権、そしてトランプ政権の誕生、
この5年あまりで社会の雰囲気が大きく変した。


今日もブレずに曲げずに、
確実に前進だ。
==== ===
2018.2.9
=======



One Response to 18年2月9日 その3822『逢坂誠二の徒然日記』(5519)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください