18年2月13日 その3826『逢坂誠二 の徒然日記』(5523)

掲載日:2018.02.13

先週末から三連休もフル回転の日々となった。

今日からは、また予算員会三昧となる。


1)タウンミーティング

昨日は、新潟市で
原発ゼロ基本法案タウンミーティングを実施した。

==主な意見は以下だ。==

原発のコスト13 .3円に高レベル放射性廃棄物の処分費は入っているか? ヨーロッパ全体の数字を示すべき。オランダは風車の風切り音がうるさい。近隣住民からの批判は。 規制強化で技術開発が進む。排出量取引も入れて、地産都消を考えるべき。掛け声だけでゼロは進まない。1規制基準の中に防災は外れている。原発が止まってもリスクはある。福島の汚染水問題をオモテで議論すべき。凍土壁、国の予算でやったはず。発災直後、東電破綻すると言われたが、どうなったか。国が事故処理を含め国が援助している。本来は、民間のなかで行われるべきもの。国が入ることで民間事業を阻害している。自民党政権は嘘を言っている。避難計画に規制委員会は責任を負わない。立憲民主党は、各種の運動、県民市民と学び合う活動をして欲しい。原発がなくなって仕事がなくなる。その方々への支援を考えるべき原発がなくなると生活が困る。立地自治体の方々が納得できることをすべき。廃炉作業など新しい産業があり。地域振興など具体的な方策を!!放射性廃棄物の最終処理。原発ゼロの場合はでも廃棄物問題がある。徹底的に考えて欲しい。  地元の産業をどう守るか。廃炉方針が出れば、廃炉作業に仕事が移る。100 年単位で仕事がある。一次産業など産業のあり方も示すべき。原発への戦争、テロを考えることは重要。原発はミサイルの直撃を受けない限り大丈夫か。稼働時と休止時に差があるのか。被災者支援への言及は有り難い。子どもの尿からセシウム検出。ウクライナのようなことが起きる。食品の基準値の見直しが必要。立憲民主党の取り組みに希望がある。経済成長を果てしなく追求してきた社会を、エネルギーを使わない社会、低成長も視野に。稼働している原発への規制強化。緊急時の再稼働はすべきではない基本理念の中に、人間、生物、と原発は共生できないとうたうべき。
====

以上のような意見が出された。

これでタウンミーティングは10箇所目となったはず。

とにかく沢山のみなさんから意見を伺いたい。


今朝も都内の気温は低い。

夜明け前は、氷点下2度。

日中は7度程度になる見込みだ。

2月になって、空の色に若干の春らしさを感ずる。

国会に向かう途中の家の庭先では、
梅の花が咲き始めた。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進だ。
==== ===
     2018.2.13
=======



2 Responses to 18年2月13日 その3826『逢坂誠二 の徒然日記』(5523)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください