18年2月1日 その3828『逢坂誠二の徒然日記』(5525)

掲載日:2018.02.16

毎日、予算委員会三昧の日々が続く。

早朝に国会に向かい、夜、遅くまで、
様々なやり取りがつづく。

睡眠時間と食事以外、国会活動のみの生活だ。

こんな活動ができるのも、
東京と函館の私の事務所の皆さんは当然だが、
地元で私を支えてくださる多くの皆さんのおかげだ。

地元、そして多くの関係者の皆さんに心から感謝したい。

====

一方、朝の散歩もストレッチ・筋トレも
全くできない状態がつづく。

ワークライフバランスなどとは無縁の生活だ。

生産性、効率性は 決して良い状態ではない。

しかしとにかく予算審議の間は、
異常であろうが何であろうが、
全力を尽くしたいと思う。


1)裁量労働

一昨日、総理は「裁量労働制は一般労働者より労働時間が短い」などとする答弁を撤回し、お詫びした。
この答弁の背景になった調査やデータの信憑性が大きく揺らいでいる。
==== 
昨日の予算員会、私からの質疑でも驚くべき事実が判明した。
「裁量労働制は一般労働者より労働時間が短い」という傾向を示す調査結果が、厚生労働省が示した調査以外には存在しないと答弁したのだ。
たった一つの根拠で、裁量労働制の導入を正当化しようとしたのだ。
そうなればこの調査の信頼度が問われることになる。
ところがこの調査には「1日23時間労働」の事業場が含まれるなど疑問点が多い。
この調査の疑問点に関し、 厚生労働省は現在精査中を繰り返すのみ。
裁量労働制導入の具体的な根拠がなくなりかねない状況になっている。
厚生労働省は、19日朝には、精査結果を提出するという。
私は、その直後にこの問題を
予算委員会で質疑することになる。
精査結果が提出されて1時間後であり、私が提出された結果を
精査する時間がない中での質疑だ。
一方、裁量労働によって、多くの皆さんが苦しんでいる。
裁量制による長時間労働によって過労死された方もいる。 
裁量労働制導入は、人の命に関わる問題だ。
極めてタイトな日程の中の質疑だが、政府の意図、考え方をしっかりと質し、おかしな法案の提出を止めなければならない。今日は、予算委員会の地方公聴会のため、早朝から静岡に移動だ。
夜は、神奈川で、原発ゼロ基本法案のタウンミーティングに出席する。 
今日もブレずに曲げずに、
確実 に前進だ。

==== ===
     2018.2.16
=======



3 Responses to 18年2月1日 その3828『逢坂誠二の徒然日記』(5525)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください