18年2月22日 その3835『逢坂誠二 の徒然日記』(5532)

掲載日:2018.02.22

連日、予算委員会が続く。

今日も6時間半の審議が行われる。

今朝の東京は、昨日に比べると寒い朝だ。

昨日に比較すれば、1度か2度、
気温が低いだけだが体は敏感だ。


1)裁量労働

政府は、裁量労働制の導入に必死だ。

今回政府が提出しようとしている法案は、
労働政策審議会で議論され、
概ね妥当との答申が出されたものだ。

ところこの労働政策審議会(労政審)での議論に
様々な問題が発覚している。

====

総理はこの裁量労働制に関し、

「すでに労政審等々でご議論頂いた、、
その中で、労働時間などについての資料も含め審議した上での
議論だったと了解している。」と

2月20日の予算委員会で発言している。

この労働時間などの資料とは

平成25年度労働時間等総合実態調査結果だが、
この議論について大いなる疑義がある。

====

この総合実態調査結果の
調査条件を明確に示さずに議論したこと。

そもそもこのデータに不備があること。

労働政策を議論するために
国の交付金で運営されている
独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)が
調査したデータをあえて使っていないこと。

====

裁量型労働導入に不都合なデータを示さずに、
導入に都合の良い
アリバイ的な議論を行った可能性が極めて高い。


今日の予算委員会では、
こうした点をがっちりと議論したい。

今日の私の質疑時間は、
14時20分〜14時59分だ。

NHKテレビでも中継される。

是非、ご覧頂きたい。



さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。

==  2018.2.22  ==



3 Responses to 18年2月22日 その3835『逢坂誠二 の徒然日記』(5532)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください