18年2月24日 その3837『逢坂誠二 の徒然日記』(5534)

掲載日:2018.02.24

昨日も18時30分まで予算委員会が開かれた。

昨日は分科会。

私は、総務と厚生労働、二つの分科会で質問した。



1)裁量労働

裁量労働について、
政府は法案提出の方針を変えていない。

しかしこの法案議論の正統性が失われている。

議論のため労働政策審議会に提出したデータは、
現実よりも裁量労働の勤務時間が
短くなる傾向がある調査だったこと。

現時点で判明しているだけで、
このデータの100を超えるものが、
不適切な内容であったこと。
(現在、政府がデータ精査作業を開始)

議論をする際に、それぞれのデータの
調査条件を示さずに議論したこと。

====

こんなに不適切な議論であるにも関わらず、
政府は、法案提出を強行しようとしている。

政府も裁量労働は
長時間傾向になりがちなことをはじめ、
種々の問題が多いことを認識している。

そのため今回は、
監督指導権限の強化や対象職種の限定など、
規制強化も盛り込んだという。

それならば今回は、
現在の裁量労働制の問題点を少しでも減らすため、
まず規制強化策を講ずるのみのとどめ、
対処職種の拡大をするべきではない。

その規制強化が
有効に機能することが確実に確認されたのち、
真に必要ならば対象職種の拡大をすべきなのだ。

現在の裁量労働制のもとで、
多くの皆さんが苦しみ、命を落とした方もいる。

したがって、まず実施すべきは規制の強化だ。

そこを確実に行った後でなければ、
対象職種の拡大を行うべきではない。



今日の夜は、函館市内で、
昨年11月に再スタートした「逢坂誠二塾」を開講する。

新装後4回目となる。

今日も多くの皆さんに参加頂く。

また終了後は、
希望者少人数で酒話会も実施する。

今日も全力投球の1日だ。



さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。

==  2018.2.24  ==



One Response to 18年2月24日 その3837『逢坂誠二 の徒然日記』(5534)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください