18年3月1日 その3842『逢坂誠二の徒然日記』(5539)

掲載日:2018.03.01

3月だ。

都内は強い雨と風の朝を迎えた。

朝の気温は7度程度と、
一気に高くなっている。

昨夜23時過ぎまで、衆院本会議が行われ、
来年度予算案等が、強行的な採決となった。

夜遅くまで国会対応が続く。

昨夜の睡眠時間も極めて短い。

完全な睡眠不足だ。

====

昨日も予算員会で質疑した。

裁量労働制について、
働き方改革法案から切り離すべきと総理に指摘した。

総理は、「きっちり実態把握しない限り、
政府全体として前に進めないという気持ちだ」と答弁。

結局、国会終了後の深夜になって、
働き方改革関連法案から
裁量労働制の適用範囲を拡大する部分を
削除することを発表した。

この間、厳しく政府を追及した結果の成果だと思う。

しかし高度プロフェッショナル制度は残ったままだ。

今日も通常通りの国会活動が続くが、
どこかで睡眠時間を確保せねばならない。



さあ今日もブレずに曲げずに
確実 に前進だ。

==  2018.3.1  ==



3 Responses to 18年3月1日 その3842『逢坂誠二の徒然日記』(5539)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください