18年3月2日 その3843『逢坂誠二の徒然日記』(5540)

掲載日:2018.03.02

慢性的寝不足状態が続いているが、
朝は、あいかわらず午前4時頃には起床だ。

子どもの頃からの習慣とは恐ろしい。

====

昨日の都内、気温が20度をこえた。

ポカポカ陽気を超えて、
日向では暑さを感ずるほどだ。

今朝も朝の気温は、
昨朝よりも低いものの4度程度だ。

その一方、北海道や北日本各地では、
数年に一度の猛吹雪になるとの予報が出ている。

北海道の一部地域の天気予報では、
外出を控えるようにとの放送が流れている。

十分な注意が必要だ。


1)高度プロフェッショナル制度

一昨日の衆院予算委員会で、
裁量労働制をめぐるデータ誤用や異常値に関する
私の質問に総理は次のように答弁した。

====
ここをきっちり実態把握しない限り、
政府全体として前に進めないという気持ちだ。
====

この質問に端を発し、
その深夜、働き方改革関連法案から
裁量労働制の対象拡大を切り離すことを
総理は明らかにした。

安倍政権の目玉政策の大転換だ。

労使が対等の立場で合意し、
働く方の裁量が確実に行使でき、
さらに実際に働く時間が一定範囲内でなければ、
裁量労働は勤務時間が長くなる可能性があり、
過労死の大きな要因になっている。

この裁量労働制を今回の法案から切り離し、
実態把握を行うとしたのは、
一見、評価できるように見える。

しかし新たな疑問も生ずる。

====

疑問1:
今回、なぜ裁量労働を切り離すことにしたのか。

厚労省の回答:
裁量労働制に関するデータについて、
国民の皆様に疑念を抱かせることとなったことから、
裁量労働制の実態について厚生労働省において
しっかり把握し直すこととし、
法案から削除することとなったもの

疑問2:
実態把握はどのように行うのか

厚労省の回答:
実態把握の時期や方法については、これから検討していく

疑問3:
労働政策審議会で再度議論し直すべきではないか

厚労省の回答:
今回の対応は、与党と相談した上で、
裁量労働制に係る改正事項を削除するというものであるため、
再度労働政策審議会に付議する必要はない

疑問4:
高度プロフェッショナル制度も、
労政審で裁量労働制と同じデータに基づいて議論されている。
これも法案から切り離すべきではないか

昨日の参院での総理答弁:
高度プロフェッショナル制度について、
柔軟な働き方を可能とするものであり、
また生産性の向上にもつながっていく。
予定どおり今国会に提出する法案に盛り込んでいく考え

====


以上の厚生労働省の回答は、
昨夜、私の事務所に対し、
厚生労働省が文書で回答したものだ。

これら一連のやり取りから、
裁量労働制だけを切り離し、
高度プロフェッショナル制度を
切り離さない合理的な理由が見えない。

高度プロフェッショナル制度は、
高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す制度で、
スーパー裁量労働制とも言われるほど、
裁量労働制以上に過労死の原因になる可能性が高いものだ。

労政審では、この高プロも
裁量労働制と同様の条件で議論した。

そうなれば、当然、この高プロも
法案から切り離すのは当然だろう。


参院の予算委員会では、
ぜひこの点を厳しく追及して欲しい。

今日も早朝から勉強会だ。

さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.2  ==



2 Responses to 18年3月2日 その3843『逢坂誠二の徒然日記』(5540)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください