18年3月3日 その3844『逢坂誠二の徒然日記』(5541)

掲載日:2018.03.03

北海道の猛吹雪状態はやっと峠を超えたが、
各地で大変な状況が続いている。

今日は北海道でも気温がプラスになる。

吹雪後のプラス気温で、雪崩などが心配される。

細心の注意が必要だ。


1)文書改ざん、虚偽発言

森友学園問題が新たな局面に入った。

財務省の公開文書が改ざんされた可能性が出てきた。

問題の文書は、
財務省近畿財務局と森友学園の二つの契約決済だ。

一つは、15年5月、
10年以内に売却することを前提とした貸し付け契約決済。

もう一つは、16年6月、
大幅に値引きした価格で売却契約決済。

====
貸し付け契約の際の決裁文書には、
交渉経緯をまとめた「調書」が付いている。

契約当時の調書では
「特例的な内容となる」などの文言があった。

国会が開示を受けた文書にはない。

学園側の「要請」と書かれた複数の箇所が「申し出」に変化。
====

売却契約の際の決裁文書では、
契約当時の調書に「学園の提案に応じて鑑定評価を行い」、
「価格提示を行う」という文言があった。

開示された文書では、それがない。

貸し付けに至る経緯を説明していた項目が全てなし。
====

これらの改ざんは、
昨年2月にこの問題が明るみに出た後に
行われた可能性があるという。

財務省組織あげての改ざんと隠蔽の可能性だ。

====

また総理答弁と昭恵夫人の発言の
不整合も明らかになっている。

これまで安倍総理は、
籠池前理事長と会ったことはないと答弁していた。

ところが昭恵夫人が学園運営の幼稚園で
「主人に手紙をいただいたり、
実際にお会いしていただいたりしていました」
と発言した講演記録が見つかったという。

昨日の参院予算委員会で、
総理答弁と昭恵夫人発言の整合性を問われると、
総理はまともな答弁ができない状態となった。

総理答弁の雰囲気は以下のとおりだ。

====
私も妻も国有地の売買、認可に関わりはない
妻がどういう答えをしたかは本質と全く関わりない
会った、会わないはいちいち答える必要もない
妻がどういう答えをしたかはそれほど大切なことなのか
ほとんど意味のないことだろうと思う
====

これではまともな議論にはならないが、

総理か昭恵夫人、
どちらかが虚偽発言をしている可能性が高い。

====

森友問題は、新たな局面に入った。

来週以降も衆参両院の委員会で、
これらの問題を明らかにする取り組みが続く。

また高度プロフェッショナル制度の
法案からの分離も要請せねばならない。



今日は、これから札幌に向かい会合に出席。

その後、鹿部に移動しで後援会の皆さんらと懇談を行う。

今日も密度の濃い1日となる。


さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.3  ==



2 Responses to 18年3月3日 その3844『逢坂誠二の徒然日記』(5541)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください