18年3月5日 その3846『逢坂誠二の徒然日記』(5543)

掲載日:2018.03.05

昨日、後援会の皆さんに
木古内で新春の集いを開催して頂いた。

各地でこうした取り組みをして頂けること、
本当に感謝している。

その後、上京した。

今朝の都内の朝の気温は10程度。

函館の今日は真冬日だというのに。

今年の各地の豪雪の酷さ、
ずっと都内にいると想像もつかないだろう。


1)森友学園問題

森友学園問題が新たなステージに入った。

総理が考える「関与」定義は以下のようだ。


基本的には国有地売却あるいは学校の認可等に
私や妻や事務所が関与していればということ


政治家等に籠池氏側から依頼があって、
例えばそこに何かお金が流れ、
いわば籠池氏側さまざまな便宜を図る中において
政治の側がそれに応えたのではないかという意味において、
私も妻も事務所も一切関わっていない

====

今ここに来て、総理の定義する関与は
極めて限定的になっている。


国有地の売却と学校の認可等
(つまり貸し付けは関係なし)への関与。


しかも依頼に基づく便宜であり、
お金の流れがあること。

総理夫人付からのファックスは、
「貸付の段階」であり「売却には関わっていない」。

さらにゼロ回答で忖度していない。

総理はこんな詭弁を弄しているが、
国民の皆さんは、納得するだろうか。

====

売却の段階は関わっていないが、
ゼロ回答であった貸し付け段階では、
なんらかの関わりがあったこと。

依頼と便宜に基づく金の流れはないうえゼロ回答 だが、
結果的に値引きがと分割払いが実現している。

国民から見れば、
やはり総理や総理夫人の影がちらついて、
官僚が最終的に有利な判断をしたものと感じてしまう。

このことが総理等の関与と
国民は理解しているものと思う。

====

さらに財務省内で、
文書の改ざんが行われた可能性出てきた。

契約当時に作成された文書には、
学園との取引が「特例的な内容となる」と記述。

財務省が否定してきた
学園との事前の価格交渉についても
「価格提示を行う」と記されいた。

ところが国会に提出した文書には、
いずれの文言もない。

国会に改ざん後の文書を提出した可能性高い。

文書をそのまま出せば、
これまでの答弁が大きくくつがえる。

改ざん前の文書の存在、あるいは改ざんの事実、
今後、これが大きな争点となる。

万が一、改ざんが行われていたとすれば、
この一年間の議論が真っ赤な嘘だったことが明らかとなり、
財務大臣、理財局長などの
辞任だけですむ問題とは思われない。




立憲民主党8区総支部、 さらに道連、
この二つの結党大会の準備が進んでいる。

今日も規約などに見直し作業が続く。


さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.5  ==



One Response to 18年3月5日 その3846『逢坂誠二の徒然日記』(5543)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください