18年3月6日 その3847『逢坂誠二の徒然日記』(5544)

掲載日:2018.03.06

都内の朝の気温はプラス8度程度。

今日は啓蟄だ。

厚手のコートから少し薄いものに偏向だ。

もちろん函館はまだまだ寒い。


1)決済文書

森友学園への土地の売却、貸し付けに関わる
決済文書に疑義が生じている。

国会に情報公開した文書が改ざんされていた、
そんな疑惑が浮上している。

昨日の参院予算委員会でも、
この問題が大きくクローズアップされた。

====

それが事実かどうか、
この決済文書の原本を見れば直ぐに分かる。

ところが財務省はこの存否を含め何も答弁しない。

今日午前、やっと国会にこの疑惑に関する
何らかの発表をするというが、
決済文書の内容や存否は言わない見通し。

発表するのは、
(決済文書に関する)調査の方針や留意点など
調査の状況について報告のようだ。

酷い話だ。

こんなデタラメが答弁を繰り返していれば、
せっかくの国会質疑の時間が浪費されてしまう。

加計問題、南スーダン日報問題、
裁量労働不適切データ問題、
いずれも公文書管理、情報公開に関することが
大きな課題になって、国会議論の大層を費やしている。

日本政府の情報管理は、完全に限界に来ている。


====

一昨日からiPadの調子が悪い。

充電ができない。

そしていくつかのアプリが止まる。

昨日、修理に出向いたが原因不明。

なんとも困っている。




昨日は、立憲民主党の道連と
8区総支部の規約作成に没頭した。

今日も全力でブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.6  ==



2 Responses to 18年3月6日 その3847『逢坂誠二の徒然日記』(5544)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください