18年3月16日 その3857『逢坂誠二 の徒然日記』(5554)

掲載日:2018.03.16

永田町、霞ヶ関、国会周辺が
異常な雰囲気に包まれている。

森友学園へのあり得ない土地売却、
さらに財務省の公文書改ざん、隠ぺい問題、
さらに複数の職員の自殺など、
およそ先進国、民主主義国家とは
思われない状態に陥っている。

土地売却に関する交渉記録は廃棄した、
この答弁が繰り返されたが、
自殺した職員のメモは、
記録が残っている可能性に言及している。

財務省のあらゆる発言、情報の信頼、
信憑性が大きく揺らいでいる。

文科省も信じられないことを行った。

愛知の中学校で
前川前事務次官が行った授業内容を
個別に詳しく調べていたというのだ。

これでは戦前に回帰だ。

財務省も文科省も、完全に常軌を逸している。

安倍内閣は、隠ぺい改ざん内閣であり、 検閲弾圧内閣だ。

こんな内閣には一刻も早く
退陣してもらわねばならない。


さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.16  ==



5 Responses to 18年3月16日 その3857『逢坂誠二 の徒然日記』(5554)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください