18年3月26日 その3867『逢坂誠二 の徒然日記』(5564)

掲載日:2018.03.26

一昨日は、街宣、常任幹事会などの会合、
さらに逢坂誠二塾。

昨日は、静かな雰囲気の中での茶話会。

その後、上京して明日の証人喚問の打ち合わせ。

週末も密度濃く過ごした。

今日からの新しい週も予定がギッシリだ。


1)総理の勘違い

以下は、昨日の自民党大会での
安倍総理の挨拶の抜粋だ。

====
そしていよいよ、結党以来の課題である憲法改正に取り組むときがきました。4項目について議論を重ねてまいりました。もちろん、第9条においても改正案をとりまとめてまいります。

 先々週、私は防衛大学校の卒業式に出席しました。真新しい制服に身を包んで、任官したばかりの若い自衛官たちから、ことに臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に努め、もって国民の負託に応える。

 そうです皆さん、彼らは国民を守るためにその命をかける。しかし、残念ながらいまだに多くの憲法学者は彼らを憲法違反だという。違憲論争が今でもあります。結果、ほとんどの教科書にはその記述があり、自衛官たちの子供たちもこの教科書で学ばなければならない。

 皆さん、このままでいいのでしょうか。この状況に終止符を打とうではありませんか。憲法にしっかりとわが国の独立を守り、平和を守り、国と国民を守る。そして自衛隊を明記し、この状況に終止符を打ち、そして違憲論争に終止符を打とうではありませんか。

====

この挨拶を聞いて、気持ちが悪くなった。

政府は自衛隊は合憲だと繰り返している。

ならば違憲をとなえる方々に、
政府の考え方を丁寧に説明する。

これが基本だろう。

総理自身を縛る憲法を、
総理自身がその改正の内容までも明示して、
改正を声高にさけぶ。

これは常軌を逸している。

もっと冷静な落ち着きが必要だ。

我が国の独立を守ること、
平和を守ること、
国民や国を守ること、
これは非常に重要なことだ。

そのためにやるべきことは、
憲法の改正なのか。

真の独立を勝ち取るために、
日米地位協定の改定が先なのではないか。

直接、憲法改正の議論をする前に、
我が国のあり方を、もっと議論する必要がある。

加計学園問題、PKO日報、働き方のデータなど、
そもそも公文書を改ざんし、 情報を隠ぺいする政権を
信頼することはできない。


今日は、明日の証人喚問に向けた準備を進める。

佐川前理財局長に何をどう聞くべきか、
なかなか難しい喚問となるだろう。


さあ今日もブレずに曲げずに
確実に前進だ。
==  2018.3.26  ==



3 Responses to 18年3月26日 その3867『逢坂誠二 の徒然日記』(5564)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください