18年3月29日 その3870『逢坂誠二 の徒然日記』(5567)

掲載日:2018.03.29

昨日、新年度予算が成立した。
衆参の予算委員会が一区切りとなり、国会が各種法案の審議など新たな局面に入る。予算委員会は予算審議が終了しても、
さまざまな課題に対応するため、今後も継続して開催しなければならない。特に今回、森友問題で
公文書の改ざん隠ぺいがあったが、公文書管理のあり方について
この機会に十分な議論をしなければならない。外交問題も重要だ。与党には予算委員会の早期開催を求めているが、
なかなかすんなりと応ずる雰囲気はない。
なぜ国会で議論を避けるのか、
その意味が分からない。今日の東京は夏日になるという。


さあ今日もブレずに曲げずに

確実に前進だ。
==  2018.3.29  ==



2 Responses to 18年3月29日 その3870『逢坂誠二 の徒然日記』(5567)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください