18年3月31日 その3872『逢坂誠二 の徒然日記』(5569)

掲載日:2018.03.31

昨日、防衛省の公文書にも
改ざんの疑いがあることが指摘された。

この指摘の真偽はまだ分からないが、
財務省の改ざん問題を発端にして、
日本の行政の信頼関係が大きく揺らいでいる。

====

『ペンタゴン・ペーパーズ』という映画が公開された。

50年近く前、ベトナム戦争を巡る米国政府の
機密文書報道の是非が問われた裁判があった。

当時のニクソン大統領が、
機密文書報道をした新聞社の
取材制限を明言するシーンがある。

国益をタテにして報道の制限を正当化しようとした。

しかし最終的に裁判所が
報道は公益に資するとの判断を下す。

今の日本を見ていると
この判断の重要さを痛感する。

報道の自由を守るもの報道。

過日の証人喚問を見て、
政権は真実を語る気持ちが
微塵もないことが明らかだ。

国会も報道機関も、政権におもねることなく、
政権のあり方をただすことができるのか、
その真価が問われている。

====

再稼働したばかりの玄海原発で
蒸気漏れが発生し発電がストップした。

ロシアの外交官の追放が各国で起きている。

ロシアが報復として各国外交官の追放を行なっている。

トランプ大統領の一国主義政策が強化されつつある。

中国と北朝鮮が急接近している。

====

安倍政権は内憂外患状態と言える。

しかし外患を口実にして、
内憂を放置するわけには行かない。

内憂も外患も、ともに重要だ。

====

立憲民主党北海道の結党大会が、
4月21日に開催される。

今日は、
その準備のため札幌に向かっている。



さあ今日もブレずに曲げずに
確実 に前進だ。
==  2018.3.31  ==



2 Responses to 18年3月31日 その3872『逢坂誠二 の徒然日記』(5569)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください