18年4月6日 その3878『逢坂誠二の徒然日記』(5575)

掲載日:2018.04.06

防衛省の日報隠ぺい問題、

またしても日本の民主主義の
根幹を揺るがす根本問題が明らかとなった。

防衛省(外務省も似ているが)は、
防衛に関する情報は機密性が高く
全ての情報公開は必要ないとの前提があるのだろう。

本来、できる限り情報を公開するのが前提だが、
防衛省の前提条件は、
それとは真逆の立ち位置なんだろうと感ずる。

文民統制の意味も理解せず、
重要なことを大臣にすら知らせない、
こんな体質も防衛省にはあるのだと思う。

====

また防衛省組織は、
次の防衛7族と呼ばれる方々で構成される。

(1)政治家(大臣、副大臣、政務官)

いわゆる「背広組」の
(2)事務官

(3)技官、
(4)教官、

いわゆる「制服組」の
(5)陸上自衛官、
(6)海上自衛官、
(7)航空自衛官

このような組織の複雑さが、
その風通しの悪さだとも指摘される。

確かに防衛7族に大別される組織に
様々な弊害があるのだろうが、
これが今回の問題の本質ではない。

そもそも公開も含む
情報の重要さに対する認識の欠如が大問題。

さらに情報を収集し、記録し、
分析し、利活用し、保管する、
一連の過程整備が不十分なのだと感ずる。

こうした過程の再構築を急がねばならない。

====

防衛省や森友の問題を受け、
与野党の垣根を超えて対応を議論しようと
与党に提案しているが、昨日は与党は拒否した。

今朝、やっと話し合いのテーブルに着くという。

その会談で、良い結果が出ることを望んでいるが、
事前の情報では厳しそうだ。

与党の皆さんは、国民のために
仕事をしていることを再確認して欲しい。

総理や官邸を守るために仕事をしているなら、
日本の民主主義は崩壊の一途を辿るだろう。

とにかく実態と原因の把握、
そしてどう対策を講ずるか、
こうしたことに国会主導で
早急に取り組まねばならない。

====

今日、国会用務終了後、帰函だ。

週末は地元を走り回る。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==  2018.4.6  ==



One Response to 18年4月6日 その3878『逢坂誠二の徒然日記』(5575)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください