18年4月13日 その3885『逢坂誠二 の徒然日記』(5582)

掲載日:2018.04.13

朝刊、夕刊、発刊のたびに
安倍政権の出鱈目ぶりを
明らかにする新事実が報道される。

2015年4月2日15時から首相官邸で、
今治、愛媛、加計学園と、柳瀬総理秘書官らが、
打ち合わせをしていたことが、
自治体側の資料で明らかになった。

総理が加計学園が獣医学部新設を
申請していたことをはじめて知ったのは、
2017年1月20日だったという。

しかし官邸で加計学園の関係者も含め
この問題を議論していたのは、
それよりも2年近くも前のことだ。

しかし政府はその事実を認めようとしない。

今週火曜日、この官邸での柳瀬秘書官の
発言概要を記した文書が見つかった。

柳瀬秘書官は加計学園の獣医学部新設の件は、
「首相案件」だとして、
実現に向け指南をしている。

同日、愛媛県知事はこの「首相案件文書」が、
愛媛県の職員が作成したものだと認めた。

昨日、この打ち合わせに出席した職員が、
柳瀬秘書官と会い、
秘書官が「首相案件」と発言したを認めた。

そして今日未明の報道で、
この「首相案件文書」が
農林水産省で見つかったことが明らかになっている。

こうした事実から、加計学園問題は、
国際戦略特区として議論される以前から、
官邸も認識し 実現に向け後押していたことがほぼ明らかだ。

しかし秘書官も総理もそれを認めようとしない。

やはりこれは柳瀬氏に証人喚問に来て頂いて、
白黒をハッキリさせることが必須だ。

ところが与党の予算筆頭理事は、
「首相案件文書」が存在しない等と述べ、
証人喚問に応じようとしない。

ところが今日未明、
それが農林水産省で見つかったことが報じらた。

文書も見つかり官邸の関与の疑いがますます高まっている。

総理や官邸の関与について、
一点の曇りもないと総理は答弁していたが、
それが虚偽だった可能性が高まっている。

森友も加計も嘘。

この一年間あまり、政府職員も総理も、
国民や国民を欺いてた可能性が高い。

安倍政権のもとで我が国は、
極めて深刻な状況に陥っている。


今夜、帰函し、週末は地元活動に没頭だ。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。

==  2018.4.13 ==



3 Responses to 18年4月13日 その3885『逢坂誠二 の徒然日記』(5582)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください