18年4月17日 その3889『逢坂誠二 の徒然日記』(5586)

掲載日:2018.04.17

昨朝、函館駅前、五稜郭駅前で街頭に立った後、
事務所で打ち合わせを行い、国会へと向かった。

正午丁度に国会入りし、
早速、柳瀬元総理秘書官の証人喚問などについて、
関係者との協議を断続的に行った。


1)証人喚問

昨日、与党筆頭から次の提案があった。

====

23日(月)に予算委員会集中審議を
3時間実施したい。

テーマは、外交・加計問題等。

参考人として、柳瀬、藤原、加戸、八田の4氏。

証人喚問としない理由は、
事件性がないこと
(籠池氏は、自ら望んで証人となった)、
証人だと刑事訴追に言及し確実な答弁が得られない。

====

こんな提案だった。

昨年7月、閉会中審査で4氏に対し、
既に参考人として話を聴いているが、
そこで進展がなかった。

さらに新たな首相案件文書の存在が発覚し、
自治体側と政府の言い分が
真っ向から対立している。

こうした事情を考慮すると証人喚問とすべき。

審議の時間が短すぎる。
(昨年の閉会中審査は5時間実施だった)

森友、加計、日報、外交、首相案件文書、
財務次官セクハラ問題など、
集中審議を行うべき案件が山積。

集中審議は3時間一回だけでは、全く不十分。

24日以降の集中審議の見通しを示すべき。

====

こうしたやりとりを、直接の面談と電話で、
昨夜10時過ぎまで行った。

その結果、審議時間を
4時間にするとの提案があった。

しかしそれだけでは全く不十分であり、
昨夜の時点では、合意に至っていない。

与党筆頭とは今日も断続的に協議を行う。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。

==  2018.4.17 ==



One Response to 18年4月17日 その3889『逢坂誠二 の徒然日記』(5586)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください