18年4月22日 その3894『逢坂誠二 の徒然日記』(5591)

掲載日:2018.04.22

函館は気持ちの良い朝を迎えた。

朝の気温は8度だ。


1)国会の役割

国会は唯一の立法機関だ。

日本で法律を作ることができるのは、
ただ一つ国会だけだ。

だから国会のことを立法府と呼ぶ。

国会には、総理大臣を指名する役割もある。

行政を監視する役割も国会の仕事だ。

行政とは法律の執行のこと。

行政の監視とは法律の執行を監視 すること。

行政監視とは、
行政権の行使について
国会に対し責任を負っている内閣が、
法律を誠実に執行するという
憲法上の義務に違反していないかどうかを
国会が常時注意して見ることといえる。

国権の最高機関である国会には、
行政を恒常的に監視する役割があるのだ。

これに与党も野党も関係がないはずだ。

====

公文書の改ざん、隠ぺい、
政策判断データの捏造、
教育現場への不当な圧力など、
安倍政権の信じがたい行政運営が
明らかになっている。

当然、こうしたことに対して、
国会は厳しい対応をしなければならない。

ところがこうした事態が発覚しても、
政府は何もしようとはしない。

安倍総理は「膿を出す」とはいうものの、
調査も緩慢だし、
積極的で具体的な対応をしようとはしない。

与党も証人喚問や集中審議にも応じない。

これでは国会の
行政監視機能を発揮することはできない。

====

自民党の森山国対委員長は、

たいへん厳しい状況にあることは間違いないが、
来週から国会の正常化を果たさなければ、
国民に対してこんなに恥ずかしいことはないだろう

と述べたと報じられている。

国会審議を正常化する、
その条件整備を行う役割は、
もっぱら与党と政府が負っている。

恥ずかしい状況を脱却する鍵を握る一人は、
与党国対委員長であることは間違いがない。

恥ずかしい状況を脱却するために
与党国対委員長の積極的な対応を期待している。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。 


==  2018.4.22 ==



One Response to 18年4月22日 その3894『逢坂誠二 の徒然日記』(5591)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください