18年4月24日 その3896『逢坂誠二 の徒然日記』(5593)

掲載日:2018.04.24

昨日、函館、そして八雲を訪問し、
夕方、国会入りした。

予算委員会の与党筆頭から、
26日に予算委員会を開催したいと打診があった。

先週、与野党幹事長間で、
この問題は未解決となっている。

そうした中で、筆頭間協議を行う状況にはなっていない。

まず与野党幹事長間で、この問題をどう扱うか、
そこを明確にした上で、次の段階に進むべきものだ。

ここを曖昧にすれば、
様々な協議が意味のないものになってしまう。

====

それにしても政府や与党の拒否は目に余る。

柳瀬元総理秘書官らの証人喚問も拒否。

複数回に渡る予算委員会集中審議も拒否。

こんな状態では、様々な案件に関し、
深まりのある審議はできない。

なぜ政府与党は、
予算委員会での十分な審議を拒否するのか。

意味がわからない。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。 

==  2018.4.24 ==



2 Responses to 18年4月24日 その3896『逢坂誠二 の徒然日記』(5593)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください