18年4月25日 その3897『逢坂誠二 の徒然日記』(5594)

掲載日:2018.04.25

昨日、59回目の誕生日を迎えた。

多くの皆さんから
誕生日お祝いのメッセージを頂いた。

本当に有り難く心から感謝をしている。

59歳。

随分と遠くまで歩いてきた感じがする。

====

大学卒業後、
予期もしていなかった公務員になった。

曲折はあったが、公務の重要さなど、
今の人生の核になることを
たくさん学ぶことができた11年間だった。

35歳。

これまた全く予期しない町長に就任した。

政治を避けていた私だったが、
政治の重要さ、
政治にしかできないことなどを強く意識し、
さまざまなことに取り組んだ貴重な 11年だった。

46歳。

自治、さらに日本の民主主義を進化させるため
国政の場に活動の軸足を移し、 13年が経過した。


2005年~ 12年:野党から政権へ
12年~14年:下野、落選
14年~現在:民主党、民進党、立憲民主党

野党、政府、与党、落選、野党と歩む中で、
東日本大震災という未曾有の災害にも遭遇した。

官邸や総務省で政府の一員としても仕事をした。

国政にいなければ
実現できないことにも取り組むことができた。

しかしまだ国政での私の目標は達成できてはいない。

それどころか、安倍政権下で、
民主主義の底がぬけたように、
日本の民主主義の激しい劣化が進んでいる。

取り組まなければならないことが
山積している。

残された人生の全てをかけて、
そのことに確実に取り組まなければならない。

====

多くの皆さんから、
誕生日のお祝いメッセージを頂いた。

改めて、心から感謝している。

有り難うございます。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。 
==  2018.4.25 ==



5 Responses to 18年4月25日 その3897『逢坂誠二 の徒然日記』(5594)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください