18年4月26日 その3898『逢坂誠二 の徒然日記』(5595)

掲載日:2018.04.26

安倍総理は、この局面を

どう打開しようとしているのだろうか。

例えば今、次のような問題が、
安倍政権のもとで噴出している。

○ 財務事務次官セクハラ問題
 →麻生財務大臣の任命責任
 → 女性記者への調査手法の妥当性
 
○ 加計「首相案件」問題
 →柳瀬・藤原の証人喚問
 →2015年4 月2日の官邸協議
(柳瀬・愛媛県・今治市・加計学園)の内容解明
 
○ 財務省「森友」決裁文書改ざん問題
 →迫田・昭恵夫人・今井・谷の証人喚問(中村課長の参考人招致)
 →改ざん14 文書の提出
 →ダンプ口裏合わせ問題、航空局ゴミ増量問題の解明
 
○ イラク・南スーダン日報隠ぺい問題
   →シビリアンコントロール欠如  
   → 非戦闘地域問題
 
○ 働き方改革データねつ造問題
   → 野村不動産過労死問題の解明
 
○ 教育現場不当介入問題
○ 国会議員に対する自衛官暴言問題
○ 佐伯総理秘書官の処分
○ 林文科大臣スキャンダル

====

他にも色々とあるのだが、
例えば上記の問題などに関し、
安倍総理は膿を出しきると繰り返している。

しかし、その膿を出しきるために
何をしているのか。

具体的には何も動き出していない。

調査をするというが、
経過報告も中間報告も、
結果報告時期の明示もない。

口裏合わせ、不透明な指示についても、
その実態を明らかにする様子は
微塵も見られない。

国会答弁も同様だ。

代表例が、
記憶の限りでは会っていない
などの答弁だ。

正直に事実を述べようとはしない。

改ざん、隠ぺい、ねつ造、虚偽まがい答弁など、
こんな状態について、どう対処するのか、
それを少しでも具体化する、
そんな姿勢が政府与党には必要だ。

だが少なくとも今日の時点で、
その姿勢は見られない。

国家審議を正常化させる鍵は、
政府与党が握っている。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。 
==  2018.4.26 ==



2 Responses to 18年4月26日 その3898『逢坂誠二 の徒然日記』(5595)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください