18年4月27日 その3899『逢坂誠二 の徒然日記』(5596)

掲載日:2018.04.27

改ざん、隠ぺい、ねつ造、虚偽答弁などの事態に対し、
安倍総理は、正面から向き合って
きちんとした対応をするつもりはない。
言葉では色々と言うが、具体的な行動は伴っていない。

適切な情報がない中で、
日本の民主主義は危機的な状況に陥っているが、
安倍総理には、真の反省も、危機感もない。

本当に危うい状態だ。

今日、南北朝鮮の首脳会談が行われる。

どんなことになるのか
その内容に世界の注目が集まる。


1 )カレル・チャペック

自分の庭にしゃがむがいい。そのほうが
わたしの目にうつる春のながめは、かえって大きい。
立ちどまればいいのだ。そうすれば、
ひらいた唇としのびやかなまなざし、
やわらかな指とさしのべた腕、
生まれたもの弱々しさと、
生きようとする意思の不敵なひらめきを
諸君は見るだろう。
そして、そのとき諸君の目に、はてしなくつづく
芽の行進のどよめきが、かすかにきこえるだろう。

====

カレル・チャペック
という方の詩をご紹介頂いた。

立ちどまれば見えるものもある。
それは確かにそうだ。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.4.27==



One Response to 18年4月27日 その3899『逢坂誠二 の徒然日記』(5596)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください