18年4月28日 その3900『逢坂誠二 の徒然日記』(5597)

掲載日:2018.04.28

昨夜、最終便で帰函。

七飯地区連合のメーデーに参加後、
もう一つ会合に出席し帰宅した。

今朝の気温は2度。

函館も桜が開花したが、朝の気温は低い。

昨日、南北首脳会談が実現した。

北朝鮮のトップが韓国側に来ての会談は初のことだ。

南北両国民の注目度は相当に高いのは当然だが、
世界の多くの国が注視する会談となった。

圧力を唱えつつも、
対話の道を模索した文在寅大統領の信念で
この会談が実現したと私には感じられる。

会談の成果は少ないとの指摘もあるが、
南北融和が演出されただけでも大きな一歩だ。

次に予定される米朝会談に
つながるものとなったのは事実だろう。

今後は、南北に米中も加えた
四カ国会談も 視野に入りつつある。

一方、日本の存在感は、
この時点では全く見られない。

外交面でも安倍総理の存在感は
希薄と思わざるを得ない。

今日は、函館のメーデー、
そして各団体の花見、
夜は逢坂誠二塾、そして酒話会だ。

ゴールデンウィークの機会に、
地元を確実に歩きたい。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.4.28==



One Response to 18年4月28日 その3900『逢坂誠二 の徒然日記』(5597)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください