18年5月2日 その3904『逢坂誠二の徒然日記』(5601)

掲載日:2018.05.02

函館は雲の多い朝だ。

気温8度。

日中も11度にしかならない見込み。

GW 後半は天候が悪いようだ。

昨日は、函館市内で活動後、
江差、乙部を訪問した。


1)加計学園

毎日新聞の報道によれば、
柳瀬元首相秘書官が、2015年4月2日に
加計学園関係者と首相官邸で
会ったことを認める意向だという。

面会をうかがわせる文書が
愛媛県や農林水産省などで見つかり、
否定し続けるのは難しい
と判断したため 認めると
その理由が記事に記されている。

====

記憶の限りでは、会ったことはないとして、
この1年間、会ったことを認めず来た。

ここに来て、否定し続けるのが、
難しくなったから面会を認めるという。

結局は、証拠がでなければ
隠し通すつもりだったのだろう。

酷い話だ。

====

加計学園の関係者とは会ったが、
愛媛県、今治市の関係者は、
加計学園の後ろにいて
名刺交換しなかったため、
記憶がないという。

だからこれまでの答弁は嘘にはならない。

これが柳瀬氏の主張らしい。

日本の高級官僚は、
国民に対しここまで気遣いができず、
杓子定規の人間だというのか。

あまりに酷すぎる。

だが柳瀬氏が加計学園側との面会を認める事実は大きい。

そもそも官邸に加計学園関係者を招き入れること自体で、
特区認定が「加計ありき」という疑念は一気に深まる。

====

会った、記憶がないなどの、
やり取りをこの一年続けてきたが、
当初から誠実に答弁していれば、
この問題のベールは
もっと早く剥がれていただろう。

財務省に引き続き官僚の不誠実な対応が、
ここでも大きな問題になっている。


今日は、朝の街宣の後、
松前、福島などを回る予定だが、
回るべきところが多く、
予定通り日程をこなせるか微妙だ。

さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.5.2==



4 Responses to 18年5月2日 その3904『逢坂誠二の徒然日記』(5601)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください