18年5月9日 その3911『逢坂誠二の徒然日記』(5608)

掲載日:2018.05.09

都内は昨夜から強めの雨が降り続いている。

朝の散歩に出たいと思ったが、
これでは無理だ。


1)加計学園問題

明日、 加計学園問題に関わっていた、
柳瀬元総理秘書官に対する
参考人質疑が、衆院予参委員会で実施される。

与党の質疑時間は45 分、野党が90分。

決して長い質疑時間ではないが、
政府がずっと口をつぐんでいた
加計問題を紐解く重要な参考人質疑となる。

====

2015 年4月2 日に、官邸で柳瀬氏と
加計学園、愛媛県、今治市との面談が
急遽実施された。

この面談内容については、
愛媛県職員作成の備忘録に詳しい。

この面談は、国家戦略特区申請前に
1時間半に渡って実施されたが、
今回の加計学園問題の異常さを象徴するものだ。

愛媛備忘録を見ると、
受験生にあらかじめ試験問題と
回答を教えているようなものだ。

本番の試験に相当するのは、
国家戦略特区への申請後の一連の会議だ。

本番の試験前に、受験生である加計、今治、愛媛は、
試験問題も回答も知っているため、
本番の試験は、何のためらいものなく、
スムーズに回答ができたものと思う。

したがって、国家戦略特区に関する一連の会議で、
仮に何の問題もなかったからといって、
加計学園問題が、適切に処理されたことの証明にはならない。

申請前になぜ加計学園だけが官邸に呼ばれるなど、
特別扱いされたのかが、やはりポイントになる。

====

明日の参考人質疑の要点は以下だろうか。



2015年4 月会議に関し、
誰の指示で、
どんな経過で実施されたのか、
参加者、陪席者は誰か、
どんな内容だったか。


柳瀬氏と加計学園との関係に関し、
ゴルフ、会食とその経費負担、
面談の頻度、内容、
さらに獣医学部設置意向を知っていたかなど。


獣医学部設置意向のあった、
新潟県、京都府などとの扱いの違いはなぜか。


加計学園問題について総理への報告、
あるいは総理からの指示の有無とその内容。


文部科学省など獣医学部関連各省庁、
その他の総理秘書官、
国家戦略特区担当内閣府及び総理補佐官と、
柳瀬氏との連絡調整などの内容。

====

仮に明日の参考人質疑で、
こうした内容が明らかにならなければ、
さらならる参考人や
証人関門が必要になるだろう。

2015年9 月、安倍昭恵総理夫人が、
加計学園の御影インターナショナルこど園(神戸市)の
名誉校長に就任したことも、
加計学園問題の特殊性を物語っている。

====

安倍総理の行政の私物化、
こうした問題は確実に正さねばならない。

公文書の改ざん、隠ぺい、ねつ造、廃棄、
虚偽や不誠実な答弁の連続。

麻生副総理の、セクハラ罪はない、
文書の改ざんはどの組織にもあり
個人の資質の問題などの発言も酷すぎる。

こうした問題が頻発し、
国家の基盤と将来が大きく揺らいでいる。

安倍内閣の出鱈目ぶりには、
唖然とするばかりだ。


さあ今日もブレずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.5.9==



2 Responses to 18年5月9日 その3911『逢坂誠二の徒然日記』(5608)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください