18年5月11日 その3913『逢坂誠二 の徒然日記』(5610)

掲載日:2018.05.11

都内は、ひさびさに
スッキリと雲のない朝を迎えた。

今日は最終便で帰函し、
地元町会の会合に出席する。


1)参考人

昨日、衆参予算委員会で、
柳瀬元総理秘書官らに対する
証人喚問的参考人質疑が行われた。

加計学園の獣医学部設置に関する
柳瀬元秘書官の対応は異常だ。

加計学園と総理官邸で三度も面談し、
加計学園だけが総理秘書官の
アドバイスを受けている。

これを特別扱いと言わずになんと言うのか。

官邸で指南を受けた加計学園は、
試験問題もその回答も知っている
受験生のようなもの。

安倍総理などが加計学園の選定に
「一点の曇りもない」と強調しているが、
試験問題も答えも知っている人は
試験会場で不正はしない。

だから一点の曇りもなく見えるのは当然。

問題は試験会場外での優遇だろう。

柳瀬元秘書官は、
この件を総理に報告したことも、
指示を受けたことも一切ないと言い切った。

これには相当な違和感を覚えた。

加計学園以外の同席者の記憶も曖昧で、
重要度も低い面会であるかのような発言をしているのに、
なぜ一切報告していないと記憶がクリアなのだろうか。

たいしたことのない面談ならば、
報告に関する記憶も
曖昧であるほうが自然かもしれない。

逆に総理に伝えたと国民に言ってはいけない案件と
強く意識しているから記憶が鮮明なのかもしれない。

いずれにしても、昨日の参考人質疑で、
加計学園が特別扱いされていたことが鮮明になった。

なぜ加計学園が特別扱いされたのか。

行政が私物化され、行政が歪められた、
その懸念がより一層深まっている。

====

安倍政権下で、
行政情報の改ざん、隠ぺい、
ねつ造などが頻発している。

一昨日も、森友学園問題の交渉記録
500 ページの存在が明らかになった。

昨日は、政府が存在しないと言っていた
南スーダンPKOの動画が出てきた。

こんなデタラメ状態の中で、
国会議論が正統性を失っている。

この安倍政権の泥沼状態から
一刻も早く抜け出さねばならない。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.5.11==



4 Responses to 18年5月11日 その3913『逢坂誠二 の徒然日記』(5610)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください