5月22日 その1760『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2012.05.22



都内は雲の多い朝を迎えた。

朝の最低気温は15度だが、
日中も16、7度程度までしか
上がらない見込み。

午前8時頃から
終日雨の予報となっている。



1)金環日食
昨朝の金環日食を、
ご覧になった方も多いと思う。

私も、
日食グラスを用意して待ち構えていたが、
都内は、夜明け前、日の出と
時刻が推移するにつれ、
東の空には雲が多くなってきた。

そんな状態の中、残念ながら、
期待したような金環日食を
観察することはできなかった。

それでも、
時折薄くなる雲の向こうに、
月に覆われた太陽を
少しだけ確認できる時間もあり、
日食の雰囲気だけは、味わうことができた。

太陽面が月に最大覆われる7時35分頃は、
もっと暗くなるかと思ったのだが、
私の予想をこえて明るく、
太陽光の力、威力を感じている。

====

こんな中、
乙部町の西田さんから、
雲の中に浮かぶ
素晴らしい日食写真が送られてきた。

たとえ曇りであっても、
諦めずにチャンスを狙った、
西田さんの粘り強さの賜物だ。

西田さん、素晴らしい写真を有り難う。



2)安全から未来へ
有志議員らによる
国会エネルギー調査会準備会合が、
昨日開催された。

幸せ経済研究所の枝廣淳子さんから、
興味深い報告があった。

====

3.11より前は、
国民にとってエネルギー問題は、
国民の個々の問題ではなかった。

しかし3.11以降は、
エネルギー問題の「我がこと」化が進んでいる。

多くの国民が、
エネルギー問題を、
自分の身近な問題として捉える傾向が強くなっている。

一方、政府の委員会は、
女性と若者比率が低く、
国民全体の思いを受け止める場になっていない。

そこで、
女性や若者の視点から
エネルギーを考える集いを、
いくつか実施してみた。

政府の委員会では、
「コストや経済性」といった話が多いが、
女性や若者の会合では、

・命

・選択

・責任

・未来世代

こんな話題が多く出される。

====

以上の体験などを通し、
枝廣さんは、
真の「国民的議論」の必要性を強く述べた。

この話を聞いて、
私も強く頷いていた。

====

昨今の政府の原子力議論を聞いていると、
経済と安全性の話が、大きな柱となっている。

もちろん経済面からのアプローチは重要だし、
安全性も大事な視点だ。

安全性が確保され、
経済的なメリットがあるならば、
原発はOKだとの雰囲気になることも少なくないと思う。

しかし本当に
それで良いのかとの視点が、
女性や若者の会議の問題提起だと思う。

我々は、
この指摘をもっと重く受け止めねばならない。

====

今の安全性は、
発電プラントに限った
短い時間軸内での議論が中心であることに
留意が必要だ。

原子力の安全性には、
最低でも二つの側面がある。

原子力プラント等に対する短期的な安全性と、
使用済み核燃料などに対する長期的な安全性だ。

国民にとって、真の安全性とは、
この長期的な安全性も含むものだと、
私は思っている。

====

原子力に対しては、
こうしたことも念頭に
議論しなければならない。

原子力問題は、
私たちの国の民主主義の
質や内容を問う問題であることを
忘れてはならない。



さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・5・22 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 5月22日 その1760『逢坂誠二の徒然日記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください