18年5月21日 その3923『逢坂誠二 の徒然日記』(5620)

掲載日:2018.05.21

函館はスッキリと
晴れ上がった朝を迎えた。

朝の気温は7度。

====

本来、今日は衆院予算委員会開催が
想定されていた。

ところが18日、
改ざん前公文書の提出が
約束に反して先送りされた。

そして今日だけではなく、
今週の予算員会も先送りだという。

与党はなぜ、ここまで審議を避けるのか。

総理は膿を出し切ると言っている。

即刻、事実を明らかにして、
各種疑惑問題の確実な説明をするべきだ。


1)成田空港

昨日で成田空港が開港40年となった。

昭和41年に建設を閣議決定し、
昭和53年5月に開港した。

成田空港の建設の歴史と現在に至る経過は、
日本の行政の意思決定を考える上で、
極めて大切な事柄が含まれている。

この機会に改めて、振り返って見たい。


2)公文書管理

日本の公文書管理が
滅茶苦茶な状態であることは論を待たない。

先日、当面の対応をするための
改正法案を国会に提出した。

しかしあれでは十分ではない。

抜本改革が必要だ。

====


公文書の定義を「組織で共有」に限定しない


独立した記録管理庁などを創設


公務員研修制度の充実


レコードマネジャー養成と配置

#罰則規定を設ける

====

これらを柱とする抜本改革案を
確実に樹立しなければならない。

記録管理庁の創設は簡単なことではないため、
一気に法案化するのは難しいだろう。

そこで記録管理庁創設に向けた
手順を明らかにする法案を提出し、
その後、1、2 年余で
具体的な実施法案が提出できればと思う。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.5.21==



One Response to 18年5月21日 その3923『逢坂誠二 の徒然日記』(5620)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください