18年5月24日 その3926『逢坂誠二 の徒然日記』(5623)

掲載日:2018.05.24

改ざん、隠ぺい、廃棄、虚偽答弁、
安倍政権の出鱈目ぶりは、酷すぎる。

昨日、改ざん前の森友文書、
廃棄された森友交渉記録、
廃棄隠ぺいされたPKO日報問題報告書が、
財務省と防衛省から発表された。

財務省の文書だけでも4千ページにもなる。

これほどの分量が改ざん、
隠ぺい、廃棄されていたのだ。

森友、加計問題を長引かせている要因は、
ひとえに政府と与党の対応にある。

文書を早く公開し、真実を答弁したならば、
ここまで長引くことはなかったし、
国民世論ももっと変化したかもしれない。

そして総理、財務大臣、防衛大臣も、
こうした問題に対し
他人事のように思われる。

情報は民主主義の原動力だ。

その情報を敢えて蔑ろにする方々に
民主主義の担い手として、
総理や大臣を任せることはできない。

====

今月の逢坂誠二の茶話会は
今週末に開催する。

どなたでも申し込み可能。

日時:2月26 日(土)12時30 分から1時間程度 
場所:カフェやまじょう(函館市元町30ー5)
会費:コーヒーなど実費
参加可能数:6名程度

申し込み:逢坂誠二事務所まで、
info@ohsaka.jp 0138-41-7773


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.5.24==



One Response to 18年5月24日 その3926『逢坂誠二 の徒然日記』(5623)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください