18年5月25日 その3927『逢坂誠二 の徒然日記』(5624)

掲載日:2018.05.25

来月予定されていた米朝首脳会談を
中止するとの書簡を米国が北朝鮮に送った。

このトランプ大統領の書簡では、
米朝首脳会談を中止する理由について
北朝鮮側の敵対的な言動を挙げている。

つい先ごろまで、
表向きは極めて良好な関係に見えた米朝関係だが、
一気に先行き不透明な状態になった。

トランプ流の交渉術のようにも思われるが、
米国依存一辺倒の安倍外交は
なす術がないように見える。

====

来週月曜日の衆参予算員会で、
総理が出席する集中審議が決まった。

テーマは、公文書管理・内外の諸情勢。

衆参それぞれ3時間半に渡って実施される。

先日、改ざん、隠ぺい、廃棄された
大量の文書がやっと公開された。

その内容をよく読んで審議するためには、
こんな短い時間では全く足りない。

そこでもっと長時間の審議を求めたが、
与党はこれ以上は無理だという。

また28日だけではなく、
さらに繰り返しの審議が必要になる。

今後も引き続き予算委員会の
集中審議を求める方針だ。

また総理は、森友加計の問題に関し、
膿を出し切ると繰り返し述べている。

そのためには関係者の参考人招致や証人喚問は必須だ。

ところが与党は、これを全く認めようとしないばかりか、
昨日、与党筆頭は断ると明言した。

これらの問題を長引かせている原因は、
真実を明らかにしたくない
政府与党の姿勢にあることが
より明確になっている。


さあ今日も ブレずに曲げずに
確実に前進します。
== 2018.5.25 ==



2 Responses to 18年5月25日 その3927『逢坂誠二 の徒然日記』(5624)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください