18年6月2日 その3935『逢坂誠二の徒然日記』(5632)

掲載日:2018.06.02

来週4日、公文書改ざん問題などに関する

財務省の調査結果が出る見込みだ。



また佐川元理財局長は刑事訴追のおそれがなくなった。



これで佐川氏は、心置きなく事実を述べることができる。



ところが与党は、

「一般人を国会に呼ぶのは慎重でなければいけない」と

佐川氏の証人喚問を否定する方向だ。



酷い話だ。



公文書の改ざん、隠ぺい、廃棄、ねつ造、虚偽答弁、

これらを意図的に繰り返していた佐川氏の話を

国会で聞くことができないとは、

これも異常な状態だ。



政府与党は真実を隠したまま

幕引きを図ろうとしているが、

これを許せば官僚は、

犯罪にならない不誠実なことは

何でもやり放題になってしまう。



こんなことは許してはならない。





さあ今日もぶれずに曲げずに、

確実に前進します。

==2018.6.2==



One Response to 18年6月2日 その3935『逢坂誠二の徒然日記』(5632)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください