18年6月9日 その3942『逢坂誠二の徒然日記』(5639)

掲載日:2018.06.09

昨夜、最終便で帰函した。

羽田から条件付の離陸だったが、
少し遅れたものの無事に着陸。

週末は地元を歩き回る。

今朝の函館は、
昨夜の雨も上がり曇り模様。

日中の予想最高気温は18度だ。


1)麻生財務大臣の暴言

麻生財務大臣の暴言が止まらない。

昨日の記者会見も、
私には言いたい放題だ。

==以下、会見の一部==

==
記者から「特別委の設置など求める発言あるが」
と問われて
==

第三者による調査という意味合いから言えば、
検察というのは第三者なんじゃないの。

朝日新聞の考え方は知らないけど。

検察が第三者じゃなくて
なんなんだと思っていますけどね。

その検察で答えは出した
ということになっているんじゃないですかね。

我々としては基本的には第三者というのはそうです

==
記者から国会で質問がこないよう
「そんなことのために改ざんするのか」
と疑問を呈されて
==

それがわかりゃ苦労しないって最初から言った
その一言にかみついたのはおたくじゃないの。

==
記者から予定されていた
委員会が開催されず
「麻生隠しでは」と問われて
==

麻生かくしの定義は?

財金の説明は4時間やりましたよね?それで?

隠れたわけじゃないでしょうが?

それで、隠れてるっていうから、
時々面白い言葉使うもんね。

私別に隠れてないでここにいるし。

==以上、会見の一部==

以前も麻生大臣の発言は酷いものが多かったが、
特に最近の麻生大臣の発言は度を越している。

内部調査で、
改ざんや虚偽答弁の動機を
明らかにできなかったことは、
麻生財務大臣も認めている。

そこで第三者による調査の必要性を問われると、
検察の調査が第三者だと強弁する。

検察は犯罪として立証できるかどうかを調査している。

しかし犯罪として立証できなかったからといって、
虚偽答弁や文書の改ざんが許される訳ではない。

麻生大臣は、犯罪として立証できなかったのだから、
問題は終了したとでも言いたげな様子だ。

こんなことが認められるならば、
犯罪にならない限り、
虚偽答弁も文書の改ざんも
許されることになってしまう。

この非常事態に
真相を確実に解明する気のない麻生財務大臣が、
財務大臣の職にとどまる資格はない。

即刻、辞任すべきだし、
本人が辞任しないというなら、
総理は即刻、麻生大臣を罷免すべきだ。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.9==



3 Responses to 18年6月9日 その3942『逢坂誠二の徒然日記』(5639)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください