18年6月10日 その3943『逢坂誠二の徒然日記』(5640)

掲載日:2018.06.10

昨日も函館市内を歩き回った。

今日は、昨日の湿度の高い状態と変わり
朝からスッキリした雰囲気の広がる函館だ。


1)独立性の強い組織をどうするか

日本の公文書管理は、
内閣が内閣の公文書を管理している。

これが機能しないことは、
今回の財務省の改ざん問題で明らかだ。

さらに財務省自身が、
その原因究明すらできないことも明らかとなり、
内閣による内閣の公文書管理は完全に限界といえる。

そこで過日も記したが、
内閣から独立性の強い機関が、
内閣の公文書管理を行う必要がある。

====

そこで(仮称)公文書記録管理庁などの組織を
新設(あるいは既存組織の発展的改組を)
すべきと思っている。

公文書館長官を頂点とする指揮命令系統。

記録管理庁は、記録管理官の行う事務を統轄する役所。

国家行政組織法8条の3
@@省設置法14条
記録管理庁法に基づいて置かれる@@省の特別の機関。

政治からの一定の独立性を保持。

公的機関の諸活動を適切に記録し管理するする観点から、
記録管理庁法において、具体的事案に対する権限の発動は
公文書館長官を通じてのみ行い得るとの制限を規定する。

ラフなイメージだが、
こんなことが考えられないか。

====

地元回りをしつつ、
こんなことを考えている。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.10==



2 Responses to 18年6月10日 その3943『逢坂誠二の徒然日記』(5640)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください