18年6月14日 その3947『逢坂誠二 の徒然日記』(5644)

掲載日:2018.06.14

都内は今日も雲が多いが雨にはなっていない。


1)審議拒否

政府与党にいくらお願いをしても
予算委員会を開こうとはしない。

外交も内政も課題山積だ。

米朝会談に日本がどう関わったか、
拉致問題がどう扱われたのか、
森友加計問題の新事実に対する政府の認識、
新幹線の安全対策などなど、
とにかく政府と議論しなければならないことは多い。

しかし政府は、それらについて、
一切口を開きたくないようだ。

政府与党のかたくな審議拒否には呆れるばかりだ。

今日も予算員会の開催に向け、
与党に積極的に働きかけねばならない。


2)耕雲種月

毎日新聞HPで月一回程度、
コラムを書くことになった。

昨日が第一回だ。

皆さんにお読み頂きたい。

公文書管理、強い独立組織を作れ | 逢坂誠二の「耕雲種月」


https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20180610/pol/00m/010/052000c


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.14==



One Response to 18年6月14日 その3947『逢坂誠二 の徒然日記』(5644)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください