18年6月15日 その3948『逢坂誠二 の徒然日記』(5645)

掲載日:2018.06.15

東京の朝はヒンヤリした感じだ。

雲が多いが、雨は降っていない。

日中も珍しく22度までしか
気温が上がらない。

湿度と暑さに弱い北海道人には、
有り難い気温だ。


1)選挙制度

参院選の選挙制度改革を巡って、
自民党は14日に定数を6増する
公職選挙法改正案の提出を強行した。

酷い話だ。

選挙制度は民主主義の基本だ。

数の力で押し切るようなものではない。

数の押し切れば
大政党に有利な内容になる可能性もある。

数政党も含む各政党が
納得できる制度にすることが重要だ。

そのためには与野党の丁寧な議論が必須だ。

今回の自民案は、
一部拘束名簿方式を導入したり、
定数の増加が含まれているが、
十分に議論したものとは言えない。

自民党に有利な制度との指摘も多い。

こんな制度を数の力で導入すれば、
日本の民主主義の基盤が崩壊してしまう。

====

さらに参院議長の采配もひどい。

野党は参院議長に斡旋を求めたが拒否した。

本来、中立的な立場が求められる議長だが、
まるで与党の代弁者であるかのような振る舞いだ。

選挙制度改革は幅広い与野党の
合意形成が欠かせない。

独自案で押し切ろうとする自民側の手法と
中立性を欠いた参院議長の対応、
いずれも大問題といえる。

しかしマスコミの反応も鈍い。

日本の社会は、何が大事なことなのか、
それを見極める力失っているのかもしれない。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.15==



2 Responses to 18年6月15日 その3948『逢坂誠二 の徒然日記』(5645)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください