18年6月17日 その3950『逢坂誠二 の徒然日記』(5647)

掲載日:2018.06.17

国会の様子が完全におかしい。

196常会が20 日に
150日間の会期末を迎える。

働き方改革(働かせ方改悪)法案、カジノ法案、
政府が強行しても成立させたいこれら法案は、
また衆院、参院で未了状態だ。

だから国会の延長はあり得る
と見るのは当然だ。

しかしここに来ても延長幅が分からない。

いつもなら会期末の一週間前には、
どの程度延長するのか、
その雰囲気が分かるのだが、
今回は全く不透明だ。

その背景に総理の意向があるのだと思う。

法案は成立させたいが、
延長すれば森友や加計問題を議論せざるを得ない。

総理は、それを嫌っているのだと思う。

森加計に関しては、
今になっても新事実が吹き出している。

しかもいずれも総理に不利な事実だ。

総理はこうした事実を議論したくないのだと思う。

予算委員会の開催も、参考人、証人の招致も、
今のところ与党は全く応じようとはしていない。

会期末になっても政府、与党の審議拒否は続く。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.17==



2 Responses to 18年6月17日 その3950『逢坂誠二 の徒然日記』(5647)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください