18年6月22日 その3955『逢坂誠二 の徒然日記』(5652)

掲載日:2018.06.22

都内は、久々に雲の少ない朝を迎えた。

日中は30度の真夏日になる見込みだ。


1)勘弁して

一昨夜、安倍総理が与党幹部と
銀座のステーキ店で会食した。

その際、予算委員会集中審議について
総理が「勘弁してほしい」と発言したと、
河村予算委員長が紹介した。

総理の発言も河村委員長の発言も看過できない。

昨日、この件に関し、記者会見を開いた。

国会のことは国会で決めると、
総理は常々言っているが、
実際は委員会の開催なども
総理が関与している証明だろう。

また公正で中立であるべき予算委員長が、
こうした発言を紹介するのもおかしい。

総理は膿を出し切ると言っているが、
結局は真実を明らかにすることから
逃げ回っているとしか思われない。

真実が明らかになると
不都合なことがあるのだろう。

河村委員長が公正中立であるならば、
総理のこうした発言に惑わされることなく、
予算委員会の集中審議を開催すると同時に、
参考人、証人も確実に招致し、
真実の解明に全力を尽くすべきだ。

====

そうしたところ、昨日午後になってから、
「(総理が)集中審議は勘弁」と発言したことについて、
河村委員長が「間違いだった」と撤回した。

事態の深刻さに気づいて
慌てて撤回した格好だが、
そんな事実が無いならば、
何故テレビカメラの前で
河村委員長はあんな発言をしたのか。

その場を取り繕うために、発言は無かったと
今度は嘘を言っているように感ずる。

これは何処かで見た光景だ。

加計理事長が総理と会ったと、
部下が発言したことは間違いであり、
嘘だったと記者会見を開いた。

あの雰囲気と全く同様ではないか。

嘘に嘘を塗り固める元凶は、
安倍総理は本人にほかならない。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.22==



3 Responses to 18年6月22日 その3955『逢坂誠二 の徒然日記』(5652)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください