18年6月24日 その3957『逢坂誠二 の徒然日記』(5654)

掲載日:2018.06.24

函館の朝、今日は雲が多い。

夜明け頃の気温は15度。

日中は22度と
昨日よりも2 度程度低い。


1)夕陽会(せきようかい)

昨日、北海道教育大学函館校の
同窓会「夕陽会」の
100周年記念式典と祝賀会に
来賓として出席した。

祝賀会には800名以上もの参加があり、
夕陽会の結束の強さを物語っている。

祝賀会では、多くの皆さんと意見交換をした。

最後には、同窓生にまじって、
私も壇上で寮歌を楽しむことになった。

教育大学は、少子化にともなって
教員養成機能が縮小し、
多様な人材育成の場となっている。

今後も柔軟な変化が求められるが、
私も地元の大学として
精一杯応援をして参りたい。


2)本と旅する

北海道新聞の日曜版「本と旅する」を
毎回楽しみにしている。

今日は、新田次郎著「昭和新山」が紹介された。

昭和新山といえば三松ダイヤグラムが有名だが、
今日の特集もその話題が中心だ。

「昭和新山」を読んでみようと思う。

と最後まで特集を読み終えたら、
「本と旅する」は今回で最終回だという。

何とも残念だ。

これまでの特集を
単行本化してもらいたいし、
いつの日か「本と旅する」の
復活を期待している。


今朝は、午前5時からの朝起会に出席し
帰宅後、日記を書いている。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.24==



One Response to 18年6月24日 その3957『逢坂誠二 の徒然日記』(5654)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください