18年6月26日 その3959『逢坂誠二 の徒然日記』(5656)

掲載日:2018.06.26

都内は薄雲が広がっているが、
明るい朝を迎えた。

朝の気温はすでに22度。

日中は昨日よりも
気温が低いというものの
30度に達する見込みだ。

北海道人にとって、
辛い季節のはじまりだ。


1)カジノ方案

参院でカジノ方案の議論が始まるが、
法案の内容も不確かだし、
そもそもカジノを成長戦略にすることが
妥当なのか疑問が多い。

問題満載のカジノ法案は廃案にすべきだ。

====

カジノは刑法が禁じている賭博。

賭博を例外的に合法化とする要件として、
法務省は「目的の公益性」「射幸性の程度」、
依存症対策などの「副次的弊害の防止」など、
8項目を掲げている。

「目的の公益性」には、
収益の使途を公益性のあるものに限ることを含んでいるが、
今回の事業者は民間であり収益が目的だ。

この点を見ただけでも
合法化の要件を満たしていない。

しかし政府はこれらの要件について
国会で十分な説明を避けている。

カジノ事業者が利用客に
賭け金を貸し付ける制度も盛り込まれている。

客が借金でカジノを続け、
多重債務やギャンブル依存症を助長しかねない。

ギャンブル依存症への対策として、
日本人客の入場はマイナンバーカードで本人を確認し、
「週3回かつ28日間で10回、入場料6000円」などを規定している。

これらが依存症に実効性があるのかは不透明だ。

法律では明記されていない331にものぼる事項は、
法律成立後に政府が決めるとしている。

これではカジノの内容について議論を深めることはできない。

日本の観光の質を高めるのはカジノではない。

もっと我が国の良さを磨くことに力を入れねばならない。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.26==



2 Responses to 18年6月26日 その3959『逢坂誠二 の徒然日記』(5656)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください