18年6月27日 その3960『逢坂誠二 の徒然日記』(5657)

掲載日:2018.06.27

都内は、多少雲の多い朝だ。

雨の予報は無かったが、
外に出ているとポツリと
一粒二粒の雨が落ちてきたが、
それ以上降ることはなかった。

日中の予想最高気温は 31度だ。


1)孫の世代

昨夜、いつもお世話になっている方を囲む
有志の会があった。

現在の安倍総理の政権運営を大変憂慮し、
この政治をこのまま続けてはならないと、
強い口調で力説した。

一方、この危機感が国民に
広がらないとも懸念していた。

民主主義の危機だと
どんなに訴えも響かないというのだ。

私自身もそう思う。

ただこんなことを言っていたのが
印象的だった。

====

今の安倍政治のツケを
払わなければならないのは、
今の世代ではない。

今の世代は、安倍政治によって、直接、
しかも直ぐに悪影響を受ける訳ではない。

安倍政治の影響を受けるのは孫の世代だ。

今の政治を決めることのできない、
まだ生まれていない世代に影響がおよぶ。

今の世代は将来に禍根を残さないよう
責任ある行動をする必要がある。

====

こんなニュアンスの話だったが、
全く同感だ。

単に民主主義の危機だと言っても伝わらない。

将来に向けて責任ある行動を
しなければならない。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.6.27==



2 Responses to 18年6月27日 その3960『逢坂誠二 の徒然日記』(5657)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください