18年7月4日 その3967『逢坂誠二の徒然日記』(5664)

掲載日:2018.07.04

都内の湿度は高い。

夜明け前の気温は既に25度。

一晩中、25度を
下回らなかったのかもしれない。

各地で台風や
豪雨による被害が出ている。

被害の広がりが懸念される。


1)予算委員会

昨日、久々に衆院予算委員会の
理事懇談会が開催された。

6月4日以来のことだ。

これまで何度も開催を申し入れたが、
与党からははかばかしい返事がなかった。

先週、野党各党が連携して
予算委員長に申しれたり、
議院証言法に基づく告発を働きかけた結果、
やっとの開催となった。

しかし結果はゼロ回答に等しい。

予算員会集中審議の開催はゼロ回答。

証人喚問、参考人招致もゼロ回答。

佐川前国税庁長官の告発は
検討するというが消極姿勢。

佐川氏の件、
罪に陥れることが目的ではない。

財務大臣も改ざんや虚偽答弁の理由は
判明していないと明言している。

だからこそ公文書改ざんや
虚偽答弁の真相を探ることが目的。

そのため告発の是非を検討するためにも、
佐川氏や財務省から
再度話を聞くことも提案したがゼロ回答だ。

====

何もかにもゼロ回答で、
政府も与党もどうやって、
真相を解明するつもりなのか。

これを問うても全く何の答えもない。

つまり総理の丁寧に説明するとか、
膿を出し切るという言葉は、
全く何も履行する気がない
ということが明らかだ。

本当に信じられない対応だ。



さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.4==



One Response to 18年7月4日 その3967『逢坂誠二の徒然日記』(5664)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください