18年7月5日 その3968『逢坂誠二の徒然日記』(5665)

掲載日:2018.07.05

早朝時間があれば、
40 分程度の早歩きをしている。

今朝も午前4時過ぎに目覚め、
外に出ようと思ったのだが雨の音。

今日の散歩は中止か。

ついうとうとした。

30 分後に目覚めると雨が上がっている。

というよりも路面は乾いている。

雨が降った形跡はない。

あらあら。

最初に目覚めた時の雨音は、
幻覚だったのだろうか。

不思議な気持ちで朝を迎えたが、
相変わらず都内の湿度は高い。

全国各地で豪雨の被害が出ている。

災害対応に万全を記さねばならない。

====

書きたいことが多い。

エネルギー基本計画、
大飯原発3、4号機の
運転差し止め判決の取り消し、
東海第二原発の新規性基準適合。

大飯原発の危険性は無視しうると
裁判所は判断したが、酷い判断だ。

町村議会や自治の体制に対する
中央集権的統制の高まり。

気になることが多い。

いずれ書きたいと思う。

さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.5==



One Response to 18年7月5日 その3968『逢坂誠二の徒然日記』(5665)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください