18年7月6日 その3969『逢坂誠二の徒然日記』(5666)

掲載日:2018.07.06

渡島桧山管内でも、
道央道八雲国縫間の土砂崩れなど
豪雨被害が発生している。

昨日は、その対策等について、
地元と連絡を取り合って対応に当たった。

今後、被害にどう対応するか、
各自治体や関係機関とも
調整することとなる。

====

今朝の都内も雨だ。

梅雨が明けてからの方が
雨が多い印象だ。


1)記憶の限り論法

昨日、不思議な話を耳にした。

「記憶の限りでは、そのような事実はありません」

昨今の国会では、「記憶の限り」
と前置きをして答弁する場面が多い。

この答弁の真意は一体何なのか。

実はこの答弁は、
虚偽答弁と密接不可分だというのだ。

「記憶の限り、そのような事実はありません」と答弁し、
仮に「記憶以外の事実が存在していた」としても、
それは虚偽答弁ではないというのだ。

記憶以外の、そのような事実は
答弁者本人の記憶から抜けているため、
これは虚偽、嘘の答弁ではないとの理屈だという。

「えっ」と驚くべき理屈だが、
こんなことは霞ヶ関の常識らしい。

仮に故意に記憶から
その事実を消したとしても、
消したことが故意であるかどうかを
証明できる人は本人しかいない。

どんなに答弁者を問い詰めても、
故意であるかどうかを
他者が証明するのは極めて難しい。

後になって、
答弁者がないと言った事実が判明しても、
私の記憶の限りではなかったので、
虚偽ではないと言い繕うのだという。

何とも酷い話だ。

故意に行う虚偽の議論を詭弁というが、
記憶の限り論法は詭弁というべものだろう。

こんなことがまかり通るなら
国会議論が成り立たないばかりか、
人々の会話そのものの前提が崩壊してしまう。

私たちの会話の多くは、
記憶に基づいて取り交わされる。

記憶がなければ、その瞬間の暑いとか痛いなど、
極少数の言葉しか発することはできず、
会話は成り立たない可能性が高い。

会話は、
それぞれが記憶を呼び覚まして
やり取りすることが暗黙の前提だ。

その記憶に意図的に限定をつけることが、
虚偽というべきものだろう。

嘘を言ったとしても
記憶の限りと前置きすれば
直ちに嘘にならないという論理は酷い。

霞ヶ関、永田町での記憶の限り答弁が、
広がるようなことがあれば、
国家崩壊の危機とも言える。


さあ今日もぶれずに曲げずに、
確実に前進します。
==2018.7.6==



2 Responses to 18年7月6日 その3969『逢坂誠二の徒然日記』(5666)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください